FC2ブログ
18禁ブログ~Obscenity~
自分が気に入った動画や音楽を載せていきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
背徳の学園2 -闇を継ぐ者-
トップ



{ストーリー}

事故の後遺症でヴァイオリニストへの道を絶たれ、無気力な学園生活を送っていた主人公・榊原 達也(さかきばら たつや)。そんなある日、達也はドミニクと名乗る見知らぬ女性が現れる不思議な夢を見る。
 自らを魔女と語るドミニクから、自分と契約を交わせば後遺症を治してやると告げられた達也。どうせ夢だと彼は軽い気持ちで同意してしまうが、それはただの夢ではなく、その日を境に達也は強大な魔力と激しい性欲に目覚めていく。


{作品概要}

2005年7月に発売された人気AVG『背徳の学園』に待望の続編が登場! 地方都市を舞台に、今回も黒魔術を使った特殊なエッチシーンが次々と繰り広げられていくぞ!
淫靡な黒魔術の生贄となるヒロインは、
 裏社会を支配する魔術結社の統領・椎名 沙織(しいな さおり)、沙織の双子の妹で享楽的な魔女・まゆ、素直で世話焼きの幼なじみ・橘 由貴(たちばな ゆき)、由貴の妹で主人公を「お兄ちゃん」と慕う無邪気な少女・杏奈(あんな)、由貴の母親で未亡人の女医・恵梨(ゆり)、教育熱心な担任教師・相沢 美里(あいざわ みさと)、真面目な眼鏡っ子委員長・須藤 恭子(すどう きょうこ)、大らかで快活な帰国子女・楠瀬 奈留(くすのせ なる)が登場する。


 主人公が夢の中で出会ったドミニクは、100年以上前に封印された古の魔女で、失われた肉体と魔力を取り戻すために主人公と契約を交わし、魔力の収集を手伝わせようとする。その方法とは、黒魔術で主人公を操り身近にいる女を襲わせることだった。
 性魔術に長けたドミニクは、夢の中で主人公に性の快楽を教え込み、獣欲に目覚めさせようとする。最初は戸惑っていた主人公も、やがて黒魔術を使って欲望の赴くままに女たちを凌辱していくようになり……。


▲ 魔力の暴走によって体の成長が止まっているまゆ。魔物との性交にすら悦びを感じる快楽主義者だ。


 触手凌辱やフタナリ化、召喚した魔物による異種交姦など、黒魔術を活かした特殊なシチュエーションを存分に堪能できる本作。魔女から授かった黒魔術を駆使し、淫靡で背徳的なエッチを楽しもう!


{キャラクター}

ドミニク


達也が封印から解放した魔女。
102cmのバストと抱いたら折れそうな柳腰、足まで届くストレートロングと艶っぽい外見をしているが、その実年齢は不明。
ウイッチハンターに襲われた際、肉体を失いながらも自らを魔術によって封じることで難を逃れた。
達也の腕を治すことを代価に、肉体を再生させる魔力の収集を手伝わせるという契約を結ぶ。
性魔術や催眠などに造詣が深く、達也を通じて魔術を行使することもある。

椎名 沙織


裏の社会で絶大な力を持つ魔術結社の一員であり、若年ながら支部を任されている実力者。
容姿端麗、学業優秀、運動神経も抜群の才女で、結社を率いる某神父からの信も厚い。
<ドミニク>の力で魔力を得た達也の存在を知り、仲間に引き入れようと画策してくる。
清楚な外見に反して奔放かつ淫蕩な性遍歴の持ち主だが、性格そのものは生真面目で責任感が強い。
<椎名 まゆ>の姉。

椎名 まゆ


幼い外見をしているが、<椎名 沙織>とは一卵性の双子で妹にあたる。
西洋人形を思わせる容姿をゴシックな衣装に包み、沙織以上に奔放な性を満喫している。
同じ遺伝子を持つだけに天才肌の有能な魔女なのだが、享楽的で刹那的な性格ゆえか周囲からは1ランク下に見られることが多く、それを不満に思って事あるごとに反発の気配を見せる。

橘 由貴


生まれた時から姉弟のように育てられた達也の幼なじみで、クラスまで同じという腐れ縁。
素直で思いやりのある性格をしていて、学校では教師・生徒を問わず多くの人間に慕われている。
狙っている者も少なくないが、本人はいたって淡白に恋愛沙汰を避けている模様。
チアリーディング部のレギュラーとして忙しい日々を送る中、暇を見つけては所在のない達也をかまって世話を焼いている。
だが、その屈託ない明るさは達也には眩しく、時おり彼を苛立たせることにもなっている。

橘 杏奈


<橘 由貴>の妹で、達也のことも実の兄のように慕っている。
まだ子供っぽい外見にふさわしく素直で純真。
最近、達也に対して別の感情が芽生えはじめており、少し背伸び気味になっているところを由貴にからかわれることも。

橘 恵梨


隣家で内科・小児科医を経営している<橘 由貴>たちの母親で、40手前のグラマーな未亡人。
達也にとってはかかりつけの医者であり、実の親より頼りにしている人物でもある。
有能な女医であると同時に、家庭的で優しい「お母さん」。
見かけは若く、由貴とは時おり年の離れた姉妹に見られて喜んでいる。
同業の夫と死別してからは、再婚の話もなく一人で病院を切り盛りしている。

相沢 美里


達也のクラスの担任であり、吹奏楽部の顧問でもある24歳の女教師。
指導教科は現文。
育ちの良いお嬢さんで教育熱心だが、経験不足からたまに行き過ぎることがある。
事故に遭った達也に同情し、熱心に世話を焼いたことからほのかな恋心を抱かれているが、美里自身は同僚と交際中。

須藤 恭子


達也の同級生で、真面目な性格を買われてクラス委員長を務めている。
頭が良く口は達者。
正義感が強くて煙たがられることも多いが、面倒見がよく人望は高い。
写真が趣味。

楠瀬 奈留


<橘 由貴>と親しい達也の同級生。
背が高くスポーティーな肢体の持ち主で、水泳部のエースとして活躍している。
学園に入る前はアメリカで暮らしていたが、不思議と英語の成績は悪い。
天然でおおらかな性格をしていて、恋愛系のゴシップが大好き。


{サンプル画像}

サンプル1


サンプル2


サンプル3


サンプル4


サンプル5


サンプル6


サンプル7


サンプル8


サンプル9


サンプル10


サンプル11


サンプル12




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。