FC2ブログ
18禁ブログ~Obscenity~
自分が気に入った動画や音楽を載せていきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
淫獄の館
トップ



{ストーリー}

大学を卒業したばかりの藤原雄介(主人公)は、不況の煽りからか就職が出来ず、日々の生活のためバイトに明け暮れていた。ある日、大学の就職課から人里離れた洋館の住み込みの仕事を紹介され、給料が破格だったこともあり、二の句もなく飛びついた。雄介は、メイドとして雇われた三島舞子とともに、仕事場兼、新居となる館へと赴いた。早速、館での職住合体生活が始まると、雄介は、館の住人達と徐々に親しくなっていく。しかし、4日目の夜、館は、本来の姿を雄介らに見せ始めるのだったが……。


{作品概要}

『淫獄』シリーズ第4弾。人里離れた洋館を舞台に、美しくも可愛らしいメイド達への過激な調教劇を綴ったインモラル凌辱連鎖アドベンチャー。
これまでのハードな凌辱テイストはそのままに、新たに「調教」の要素を加え、さらにゲームとしてのオモシロさが倍増しているぞ。調教対象となるのは、舞台となる館で働く魅力的なメイド達。調教や凌辱のようなインモラルな行為に、まるで縁のなかった主人公は、最初こそ戸惑うばかりだったが、徐々に館の持つ独特の雰囲気に呑まれ、そうした行為に手を染めていく。ゲームの期間は20日間。はたして、主人公はこの館での出来事で、どのように変わっていくのか?


{キャラクター}

三島舞子


主人公と同時期に採用されたメイド。
主人公より、ひとつ年上。
ややおっとりした雰囲気の穏やかな女性。
柔和で包容力があり、それでいて決断力と、芯の強さを持つ。

初瀬若菜


舞台となる館で働くメイドのひとり。
大柄なの体格で、格闘技経験を持つ。
寡黙で、なおかつ口下手なため、その大柄な体格とも相俟って威圧感を与えてしまう。
そんな彼女も自室に住む猫の甚八にだけは優しい笑顔を見せる。

双葉祭


舞台となる館で働くメイドのひとり。
実兄の面影を主人公に重ね、主人公を「お兄ちゃん」と呼び、慕うようになる。
内向的で引っ込み思案だが、気を許した相手にはトコトン甘えてしまう。
彼女は、没落した旧華族の末裔らしいのだが……。

鷲巣雛子


国際的金融査察機関(通称・鑑定屋)の敏腕調査員。
沈着冷静で、常に悠然と構えているが、その内面は激情を秘めている。
兵頭に対して、主人公と共同戦線を張ることになるが……。

蔵前蛍子


舞台となる館の調理担当兼使用人のまとめ役。
カラッとした性格で、異性同性を問わず誰とでも分け隔てなく接する姉御肌の女性。
暇を見つけると、ちょくちょく主人公に絡んでくる。


{サンプル画像}

サンプル1


サンプル2


サンプル3


サンプル4


サンプル5


サンプル6


サンプル7


サンプル8


サンプル9


サンプル10




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。