FC2ブログ
18禁ブログ~Obscenity~
自分が気に入った動画や音楽を載せていきたいと思います!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔将の贄
トップ



{ストーリー}

薄暗い森の中をひとり歩く主人公、ヴィンセント。
彼はその類まれなる才能と武術の腕を利用して、二大国家の争いの混迷の中から成り上がろうと考える男だった。
途中森の奥から悲鳴が上がる。何事かと駆けつけてみるとそこにはカトゥーシャ兵と、盗賊らしき人物の死体が転がっていた。
遠くを見遣るとそこにも盗賊らし男達の姿。男達はその中心にいる人物を囲むように輪を描いて立っている。
中心にいるのはその幼げな風体と高貴な口調、そして男達の会話からカトゥーシャ王家の一人「ロクサーナ王女」であるとヴィンセントは確信する。
ヴィンセントはこれを自身がのし上がる為の好機と捉えると、抜き身の剣を片手に集団に襲い掛かった。
難なく王女を取り戻したヴィンセントは、突如として手にしたチャンスをものにすべく王女を伴いカトゥーシャ王城へ赴く。
かくして己が野心を満たすべく、その第一歩を踏み出したヴィンセント。彼の目には二つの大国が捧げられた供物のように、高貴な血を引く王族達は自身にかしずく贄のように映っていた。


{作品概要}

剣と魔法が未だに混在するファンタジー世界を舞台に、野心家の主人公がのし上がるために暴虐の限りを繰り広げるダークファンタジー系凌辱AVG。
主人公・ヴィンセントは、天才的な腕を持つ剣士。そして、戦乱の世を利用して成り上がろうとする野心家でもある。ある日、森の中で賊に襲われている大国カトゥーシャ王国の王女・ロクサーナを助け出す。その事がきっかけで英雄としてカトゥーシャ王国に迎え入れられたヴィンセントは、王女を足がかりに、次々と王国の女性たちを手駒にするべく暗躍する……。
ダークなファンタジーの世界観を活かした、過激な凌辱シーンをこれでもかと詰め込んだ作品に仕上がっているぞ!!


{キャラクター}

サラ・カトゥーシャ


カトゥーシャ王国の王妃。
先代の王が急逝した今、まだ若い王子を補佐して国政を担っている。
女性らしい細やかな気配りのできる、包容力のある女性。
常に穏やかな物腰と微笑を絶やさず、国民から深く慕われている。
地位の低い者にも公平に接する理想的な為政者。
夫である前王の死後、熟れた肉体は誰の手にも触れられぬまま独り寝の幾夜を過ごす。
その豊満な肉体に少なからず醜劣な欲望を抱く兵士や国民も少なくはない。

ロクサーナ・カトゥーシャ


カトゥーシャの王女。通称サーナ。
純真無垢で無邪気な性格、愛くるしいその仕草と微笑みは国民に癒しを与える。アイドル的な存在。
エクリプスの手の者に拉致されそうなところを主人公に救われ、彼に純真な好意を寄せるようになる。世間知らずが災いし、主人公の秘めた欲望には気付かない。
未だ発育途上であるその肉体も遠くない将来、母親譲りの艶美な曲線を描き始めている。

エメリー・グウェンドリン


エクリプス公に神託を与えている女性で、公国の実質的なトップ。魔女。
野心に囚われた国主を半ば傀儡とし、よこしまな神託を与え続けている。
黒魔術の使い手で召喚術にも精通している。
露出度の激しい衣服に耐えうる円熟なその肉体は、それ自体が魅了の馨香を放ち、男女を問わず意のままに虜にしてしまう。
自由な性癖な持ち主で男女の見境がない。

マチルダ・カシュー


カトゥーシャ騎士団を束ねる女騎士団長。
非常に気高い性格で口振りも冷淡だが、正義感が強く王妃をはじめとした主家には固い忠誠を誓っている。槍の腕前は達人の域。反面義理の弟を溺愛している節がある。
カトゥーシャの防衛拠点である砦での国防を担当。
その堅い性格から言い寄る男性はほぼ皆無。そのため男性経験はまだ無い。バネのように引き締まったその体は騎士団員のひそかな憧れとなっている。

レミー・フェンネル


カトゥーシャに雇われた女剣士。
男勝りな性格のじゃじゃ馬。ヴィンセントに適うほどではないが、女性とは思えない剣技の使い手。
かなり男っぽいサバサバした性格。一番初めにヴィンセントの毒牙にかかり屈服させられる。少年のように引き締まった体を性交の際は獣のようにくねらせて快楽を導く。

アルフィア・フラックス


エクリプスの指揮官のひとり。
戦略に長けた参謀タイプ、知的で繊細な女性。通称フィア。
普段はエクリプスの補給部隊の指揮を執っており、自ら前線に立つことは稀。控え目かつ慎重な性格で、表立った行動を嫌う。
長身でスレンダーな体型。かつオリエンタルな風貌でエクリプス内でも人目を引く。

レイチェル・クローブ


エクリプスの暗部に属する、黒魔術の使い手。
高い魔力を持つが少々そそっかしい面があり、失敗が絶えない。
カトゥーシャ国主暗殺のため王城に忍び込むが、生まれついてのマヌケ具合とヴィンセントの妨害により、やはり失敗してしまう。
精神年齢と肉体年齢が反比例しているかのようで、絶望的に起伏のない体型をしている。一部の好事家から支持を得ている。


{サンプル画像}

サンプル1


サンプル2


サンプル3


サンプル4


サンプル5


サンプル6


サンプル7


サンプル8


サンプル9


サンプル10


サンプル11


サンプル12


サンプル13


サンプル14


サンプル15


サンプル16


サンプル17


サンプル18


サンプル19


サンプル20




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。